フォルクスワーゲン(VW)・ゴルフの天井張り替え | 名古屋市Y様からのご依頼の内装修理・補修

フォルクスワーゲン(VW)・ゴルフの天井張り替え

こんにちは(^^)/
KAJIです!!

今日の車はコチラ~♪

言わずと知れたワーゲンが誇る名車中の名車、ゴルフでございます!!

昭和、平成、そして令和。

いくつもの時代が流れゆく中で、色あせない人気は流石と言わざるを得ません。

そんな大人気のフォルクスワーゲン・ゴルフですが、今回も定番化しつつある天井の剥がれの補修でご入庫頂きました!

垂れて剥がれた天井(施工前)

まずは天井の垂れ具合をウォッチングしてみましょう。

「あの~、誰かいらっしゃいますか?」と言わんばかりに、ガッツリと垂れてます(汗…

もはや周辺機器によって、かろうじて垂れさがっている状態に見受けられます。

いわゆる天井剥がれの末期状態『全垂れ』でございます。

なぜかBMW、プジョー、アルファ、そしてワーゲンなどの欧州系の車は、天井の垂れ下がりが後を絶ちません。

おそらく、欧州の気候と日本の気候の差がこのような現象を生んでしまっていると思われます。

その辺はディーラーさんも明言してませんが、多分そうなんでしょう!!

新しい天井生地へ張り替え

それでは新しい天井生地へ張り替えて参りましょう!!

まずは、車内の養生をしてから天井を止めている部品などを外して天井のライナーを下に降ろして、車外に取り出します。

ライナーを取り外した後は、クリーニング作業として、天井のボードを取り出し、劣化したスポンジを綺麗に除去します。

スポンジ除去後、スプレーガンを使用して、十分な量の接着剤をライナーと生地の両方に塗布。

最後に新しい天井生地へ張り替えます!!

張り替え後がコチラです!!

いい感じですよ~!

防音断熱材の追加

更に 今回は、天井のライナーを外したついでに、定番の断熱材の追加!!

この断熱・遮熱シートを張り込むことによって、ボディと天井の間に断熱の層を追加する事により外気温の影響を受けにくく快適な室内になるんです。

すっぽりと天井裏を包み込みましたので、効果を発揮してくれる事でしょう!!

天井張り替え後の車内

完成写真となります。

純正の天井生地のカラーより若干明るめの生地ですが、新車のころのようなリフレッシュ感が復活!

施工前のガッツリ垂れた天井状態とは違い、肝心のドライブも快適になること間違いなし。

しっかりと下地処理したうえで、天井生地を張り付けてますので、仕上がり後の耐久性もバッチリでしょう!

いい感じに仕上がりました!

この度は、車の天井生地張り替え専門のKAJIをご用命頂きまして、誠にありがとうございました!

フォルクスワーゲン・ゴルフなど輸入車の天井張り替えはお任せ下さい!

フォルクスワーゲン・ゴルフ

欧州車に多く見られる天井の生地の垂れや剥がれは、純正品に交換となるとかなり高額となります。

そこで、車天井張り替え専門であるトータルリペア鍛冶では交換ではなく天井生地の張り替えを推奨しております。

現在の天井生地とウレタンを剥がし、乾燥させて新しい天井生地を張ります。生地は類似色の天井専用生地使用。

天井が剥がれたり垂れてきましたらお任せください!

防音断熱材をプラスした天井張り替え

防音断熱材

KAJIでは車の天井張り替えするのに伴い、併せて全体に断熱・遮熱シートを張り込んだ施工を推奨しております。

この機会に天井に防音断熱材をプラスしてみませんか?

この断熱・遮熱シートを張り込むことによって、ボディと天井の間に断熱の層を追加する事により外気温の影響を受けにくく快適な室内になり、クーラーだけでなく冬場の暖房効率の向上も期待出来ます。

また、鉄板の制振作用もあるので、雨の日も快適な車内空間を手に入れることが出来ます!!

詳細は当店へ直接お問い合わせ下さい!!

天井張り替えの施工動画もご覧下さい!!