フォルクスワーゲン(VW)シロッコの天井張り替え|愛知県名古屋市 K様からご依頼の内装修理・補修

フォルクスワーゲン・シロッコの天井張り替え

こんにちは(^^)/
KAJIです!!

今日の車はコチラ~♪

コンパクトでスタイリッシュなスポーツクーペ、
フォルクスワーゲン・シロッコ!!

流麗なスタイルの外観がたまらない1台ですよね~。

いまだにコアなファンの心を掴んで離しません。

そんなシロッコですが、ワーゲンの慢性的な持病と言っても過言ではありません、天井の剥がれ垂れ補修でご相談頂きました!!

剥がれて垂れた天井(張り替え前)

まずは車内の様子をチェックしてみましょう!

天井が垂れてボヨンボヨン状態(汗…。

特に後部座席に乗る方に関しては、天井が頭に乗ってしまう可能性も…。

天井剥がれ・垂れの末期症状である”全垂れ”に至ってしまっているようです。

なぜかBMW、プジョー、マセラティ―、アルファ 、そしてワーゲン。欧州系の車は天井から布のみが垂れ下がってくることが多いです。

恐らく欧州の気候と日本の気候との違いが、天井の剥がれを誘発しているかもしれませんね。

天井ライナーの生地張り替え

それでは新しい天井生地へ張り替えていきましょう!!

まずは、天井のルーフライニングを取り外しまして、ライナーについている劣化したウレタンのお掃除から。

それが終わったら、シワにならないように新しい生地を張っていきます。

張替えが終わったら、お次は車内に戻して取り付け作業を行って完成です!!

新しい天井生地へ張り替え後

はい、お待たせしました、
こちらが完成した状態です!!

オリジナルの天井生地と同色に近いカラーなので、新車時に戻ったようなリフレッシュ感に車内が生まれ変わりました。

ボヨ~ンとしていた天井がシャキッとしたことで、垂れ下がりを気にされることなく運転できるはず。

綺麗に仕上がりました!!

ご依頼、ありがとうございます。

フォルクスワーゲン・シロッコなど輸入車の天井張り替えはお任せ下さい!

フォルクスワーゲン シロッコ

欧州車に多く見られる天井の生地の垂れや剥がれは、純正品に交換となるとかなり高額となります。

そこで、車天井張り替え専門であるトータルリペア鍛冶では交換ではなく天井生地の張り替えを推奨しております。

現在の天井生地とウレタンを剥がし、乾燥させて新しい天井生地を張ります。生地は類似色の天井専用生地使用。

天井が剥がれたり垂れてきましたらお任せください!

防音断熱材をプラスした天井張り替え

防音断熱材

KAJIでは車の天井張り替えするのに伴い、併せて全体に断熱・遮熱シートを張り込んだ施工を推奨しております。

この機会に天井に防音断熱材をプラスしてみませんか?

この断熱・遮熱シートを張り込むことによって、ボディと天井の間に断熱の層を追加する事により外気温の影響を受けにくく快適な室内になり、クーラーだけでなく冬場の暖房効率の向上も期待出来ます。

また、鉄板の制振作用もあるので、雨の日も快適な車内空間を手に入れることが出来ます!!

詳細は当店へ直接お問い合わせ下さい!!

フォルクスワーゲン・シロッコの天井張り替え 施工動画もご覧下さい!!